厳選プロポリスアイテムLAB
メインイメージ

No.1 プロポリス300

No.2 薬院オーガニックのプロポリス

No.3 プロポリスプロ

【選び方の基本】必須条件を比較する

プロポリスの製品を選ぶときは、各種条件をしっかりと比較することが重要です。
何となくサプリメントを選ぶ…という形では、なかなか満足度が高まりません。

そこで、このページでは、製品選びで絶対にチェックしたおきたいポイントをピックアップ!
より賢くサプリメントを選ぶ為の必須条件を比較して、おすすめサプリを厳選しました。

Ⅰ.含有量をチェック!

サプリを選ぶときには、まずは「一日あたりにどれくらいプロポリスを摂れるのか」を確認しましょう。
含有量が少ないと、やはりそれだけ実感しにくくなってしまいます。
それに対して含有量が豊富に確保されているサプリメントであれば、しっかりとパワーを実感することができます。

具体的には、一日あたり200mg以上のプロポリスを摂ることができる製品なら、十分な含有量と判断することができます。

プロポリス以外に配合成分がある場合でも、200mg以上のプロポリス含有量を確保していると理想的!

含有量でオススメのサプリは…

しっかりと含有量を確保しているおすすめ製品としてピックアップしたいのが、山田養蜂場のプロポリス300です。

一日あたり最低でも226mgのプロポリスを摂ることができるうえに、摂取量を調整すれば、最大で378mgを摂ることができます。

体調や体質に合わせて摂取量を調整できるというのも、このサプリメントならではのメリットです。

Ⅱ.産地をチェック!

プロポリスはミツバチによって作られる天然由来の物質です。
その為、産地によってその品質が大きく左右されます。

周辺の植物相によってミツバチが原材料とする樹木(=起源植物)が大きく異なりますし、蜂の品種によってもプロポリスの含有成分や質は変化します。
だからこそ、製品を選ぶときは原材料産地の確認が欠かせません。

オススメの産地は、ずばり、ブラジル!
特に、ミナスジェライス州産は世界最高の品質を誇るプロポリスとして評価されています。

その理由は、上記した「起源植物」と「蜂種」にあります。
バッカリスドゥラクンクリフォリアアレクリンドカンポといった南米特有の起源植物からつくられるプロポリスは、桂皮酸誘導体やポリフェノールなど、有用成分が非常に豊富。

さらに、防衛本能の強いアフリカナイズドミツバチが生息するエリアなので、プロポリスの殺菌・抗菌作用も非常に優れているのです。

ブラジル産をつかったオススメのサプリは…

ブラジル産のプロポリスを採用しているオススメのサプリは以下の通り。
いずれもミナスジェライス州産を使用しています。

プロポリス300:メーカーは山田養蜂場。起源植物はバッカリス・ドゥラクンクリフォリアという南米固有のハーブ。

薬院オーガニックのプロポリス:メーカーは薬院オーガニック。アマゾンで採取されるレッド系も配合。グリーン系はミナスジェライス州産。

プロポリスプロ:ミナスジェライス州産を使用。起源植物はユーカリ。

Ⅲ.抽出方法をチェック!

採取した原材料をどのようにカプセルに凝縮するのか…という加工段階での技術(=抽出方法)もサプリメントの品質を大きく分けるポイントです。

その為、製品選びの際に絶対にチェックしておきたい条件と言えます。
抽出方法には、アルコール抽出・水抽出・超臨界抽出などの方法がありますが、いずれも一長一短。

そこで注目したいのが、それらを組み合わせた方法です。

複数の抽出方法を組み合わせることによって、プロポリスに含まれる栄養素をしっかりとカプセルに凝縮する工夫を取り入れている製品を選ぶべきでしょう。

抽出方法でオススメのサプリは…

アルコール抽出・水抽出・超臨界抽出の三つを組み合わせた三種抽出法を採用しているサプリメントは、山田養蜂場のプロポリス300
アルテピリンCをはじめとする桂皮酸誘導体やフラボノイド、ビタミン、ミネラルなど、有用成分をしっかりと凝縮しています。

さらに、上記した三種抽出法に加えて超高圧抽出法をプラスした四種抽出法を採用した薬院オーガニックのプロポリスもおすすめ。
こちらには希少なレッドプロポリスが原材料として採用されています。