厳選プロポリスアイテムLAB
メインイメージ

No.1 プロポリス300

No.2 薬院オーガニックのプロポリス

No.3 プロポリスプロ

プロポリスで胃痛改善

暴飲暴食はもちろんのこと、ストレスが蓄積すると胃痛の症状が現れます。
胃が痛いと仕事や勉強にも集中できず、不快なものです。
そんな胃痛にもプロポリスが効果を発揮してくれます。
胃痛のメカニズムとプロポリスの作用についてご説明します。

胃痛の原因

胃痛は胃酸と胃粘液の分泌のアンバランスから生じます。
胃液は金属さえも消化する強い消化能力と殺菌作用があります。
その胃酸によって胃が溶けないのは、同時に分泌される胃粘液が胃を保護しているからです。
このバランスが崩れ、胃酸の過剰分泌や胃粘液の分泌が十分でないと、胃を傷つけ、胃痛の症状が現れます。
その要因としては、暴飲暴食、過度のストレスによる自律神経の乱れ、過度の喫煙や飲酒、薬の副作用、刺激物の過度の摂取などがあります。
神経質な人にも起こりやすいものです。
放置すると、胃炎や胃潰瘍などを引き起こし慢性化する可能性があります。
また、胃がんを誘発する可能性もあります。

血流改善で胃酸をコントロール

精神的なストレスは自律神経の乱れを起こし、内臓や組織への血流を悪化させます。
過度の喫煙や飲酒、刺激物なども肉体的なストレスを与え、血流を悪くするものです。
血流が悪くなるために胃の働きも悪くなり、胃痛を生じさせます。
プロポリスには神経の鎮静作用、精神安定作用、血流改善、血行促進などの作用があり、自律神経の働きを改善し、胃への血流を促します。
血流が促進されると、栄養も十分供給され、胃の働きを正常化することになります。
これにより胃酸と胃粘液の分泌のバランスが改善され、胃痛も収まるようになります。

ピロリ菌除菌で胃を健康に

一般にピロリ菌として知られるヘリコバクターピロリも胃痛の原因となります。
ピロリ菌は胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの疾患の原因となり、胃痛を生じさせます。
プロポリスの殺菌・抗菌作用にはピロリ菌を除菌する効果があります。
金属も溶かす胃液の中でピロリ菌は生きていますが、それはウレアーゼという成分で身体を守っているからです。
プロポリスにはウレアーゼの生成を阻害する働きがありますので、ピロリ菌は胃酸で死滅するということです。

プロポリスには胃痛の根本的な要因を取り除き、胃痛を改善する働きがあります。
日頃から継続的に摂取していれば、胃痛が起こる可能性も低くなります。
しかし、最も大切なことは規則正しい生活、正しい食生活を送り、ストレスをためないようにすることです。