厳選プロポリスアイテムLAB
メインイメージ

No.1 プロポリス300

No.2 薬院オーガニックのプロポリス

No.3 プロポリスプロ

プロポリス(の)チンキ

プロポリスのチンキとは、プロポリスの抽出液のことです。
薬草などをアルコールで抽出したものを一般的にチンキといいますが、プロポリスもアルコール抽出法で作られたものが多いため、プロポリスチンキと呼ばれることがあります。
最も基本的な形で、効果が高く、広い用途に使用できます。

プロポリスチンキの飲み方

好みに合わせて、いろいろな飲み方ができます。

原液のまま飲む

プロポリスには独特の刺激のあるにおいや辛み苦みがあり飲みにくいものですが、気にならない方は、そのまま飲むことができます。
手軽で最も有効な飲み方です。
白湯などを口に含んで飲むと、ヤニが歯につくことも防ぐことができます。

カプセルに入れて飲む

プロポリスのにおいや味が苦手という方は、市販のカプセルを利用すると、においや味を感じることなく簡単に飲めます。
プロポリスのカプセルタイプは、他の成分と混ぜて形を作りますので、濃度は低くなります。
プロポリスを効果的に摂取するには、市販のカプセルの利用がおすすめです。

飲み物に混ぜて飲む

飲み物に混ぜて飲むことができます。
プロポリスに含まれていないビタミンCを含んだ飲み物と一緒に飲むと、効果は高くなります。
野菜ジュースなど味の濃いものだと、プロポリスのにおいや味も気になりません。
また、温かい飲み物に混ぜて飲むと、プロポリスの油分も溶けて飲みやすくなります。
カップにヤニが付くのが気になる場合は、油分を除いた水溶性のものを利用すると、カップや歯につくこともありません。

外用として使う

プロポリスは殺菌・抗菌作用、抗炎症作用、鎮痛作用、抗酸化作用など多くの作用があります。
飲んでも効果がありますが、外用として使うと即効性もあります。

そのまま使う

切り傷ややけどなどに、そのまま塗布できます。
ばい菌を除菌、痛みの軽減、症状の抑制、治りを早めます。
再生作用もありますので、傷跡もほとんど残らず、きれいに治ります。
水虫やいぼ、魚の目、皮膚炎など、様々な症状に利用できます。

溶剤に混ぜて使う

外用として使用する場合、用途に応じて溶剤を利用すると、使いやすくなります。
シアバターや馬油を使って軟膏やクリーム、精製水を使って化粧水など、用途が広がります。
既成のものでは肌に合わないという場合には、自分だけのオリジナルを作ることができます。

プロポリスチンキは効果の高い原液で、いろいろな使い方ができます。
飲んで良し塗って良しの便利なものです。
既存のプロポリス製品を利用するのも簡単でいいのですが、用途に応じて、自分に合ったオリジナルを作ってみてもいいのではないでしょうか。