厳選プロポリスアイテムLAB
メインイメージ

No.1 プロポリス300

No.2 薬院オーガニックのプロポリス

No.3 プロポリスプロ

プロポリスの種類って?

プロポリスは世界中で採取されていますが、地域によって色や品質、成分が異なっています。
それは、産地ごとにミツバチが樹液や樹脂を採取する木が異なっているからです。
また、隣接する地域でも、ミツバチの種類の違いも成分の違いに大きな影響を与えています。

プロポリスの原料となる木の違い

世界中でプロポリスが採取されていますが、地域によって自然環境は異なります。
そのため、それぞれの地域で育つ樹木や植物も異なっています。
ブラジルであれば、ユーカリやアレクリン、松など。
オーストラリアであれば、ユーカリが主です。
ヨーロッパやアメリカ、中国などでは、カバ、ポプラ、松などです。
一口に樺や松といっても、種類が異なります。
当然、成分の違いから、薬効も少しずつ違ってきます。
産地があれば、その数だけ種類があるといっても過言ではないでしょう。

ミツバチの違い

ミツバチは、ほとんどの国がセイヨウミツバチですが、ブラジルはアフリカナイズドミツバチです。
アフリカナイズドミツバチは、アフリカミツバチとセイヨウミツバチの自然交配によって生まれたもので、ブラジルの限られた地域に生息しています。
セイヨウミツバチは、ポプラの木を好む傾向がありますので、フラボノイドの豊富なプロポリスが生まれます。
アフリカナイズドミツバチは、アレクリン・ド・カンポの樹木を好む傾向があり、アルテピリンCなどの桂皮酸誘導体を多く含むプロポリスになります。
ですから、ブラジルはウルグアイやアルゼンチンにも隣接していますが、プロポリスの成分には大きな違いがあります。

プロポリスの種類

プロポリスの種類は、大きく分けるとヨーロッパタイプとブラジルタイプといわれます。
実際には無数にあるといえます。
産地ごとの木の違いやミツバチの違いだけではなく、製造メーカー独自のブレンドが行われているからです。

例えば、ドイツ製品は、品質の向上と安定のために10数種類の原料を混ぜ合わせて製造しているメーカーがあります。
他にも、ポーランド製と日本製のブレンドやオーストラリア製と中国製のブレンドなど、品質や求める薬効に応じたブレンドが行われています。

プロポリスを購入する際の選択肢は豊富にあります。
健康増進や生活習慣病の予防などの目的に応じて、また、体質を考慮して適切な製品を選ぶことができます。