厳選プロポリスアイテムLAB
メインイメージ

No.1 プロポリス300

No.2 薬院オーガニックのプロポリス

No.3 プロポリスプロ

花粉症対策のプロポリス

春先になると鼻水やくしゃみ、目のかゆみなど特徴的な花粉症に悩まされる方が年々増えています。
スギ花粉などに対するアレルギー反応、身体のアレルゲンに対する防衛反応です。
この症状は苦しいものですが、プロポリスには、その改善効果があります。

ヒスタミン抑制作用

スギの花粉などのアレルゲンが身体に侵入すると、肥満細胞やECL細胞などヒスタミンを生成する細胞が、外敵が侵入したとしてヒスタミンを細胞から放出することで、アレルギー反応が起こります。
プロポリスの抗アレルギー作用はヒスタミンなどのアレルギー伝達物質の細胞外への放出を抑制します。

炎症抑制作用

プロポリスの抗炎症作用が鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどの症状を抑えます。
鼻腔内や口腔内、目などの粘膜に働きかけ、炎症を抑制します。

細胞修復作用

花粉症の症状が長引くほど口や鼻などの粘膜のダメージは大きくなりますが、プロポリスに含まれるジデルペンという成分は、細胞の働きを正常に戻す作用があり、炎症を起こしダメージを受けた粘膜を修復してくれます。
細胞修復機能が高く、アレルギー用の入浴剤としても使われています。

免疫力強化作用

プロポリスの免疫強化作用は、花粉症の発症を抑制してくれます。
普段からプロポリスを摂取し、免疫力を高めることで、花粉を寄せ付けない強い身体にすることができます。

神経安定作用

プロポリスのフラボノイドの鎮静作用や精神安定作用は、炎症により過敏になっている口や鼻の神経を落ち着かせ、症状を和らげたり、体質を改善する効果があります。

花粉症対策のプロポリスの使い方

プロポリス液を綿棒などで鼻の粘膜に塗布したり、飲んだりします。
原液ではにおいや味が気になるという方は、薄めて使用してもかまいません。
プロポリスの含有量は少なくなりますが、スプレーやキャンディーを利用してもいいでしょう。
無理をして体調を悪くしてはいけません。
無理のない範囲で、日頃からプロポリスを摂取することが免疫力強化になり、花粉症対策になります。