厳選プロポリスアイテムLAB
メインイメージ

No.1 プロポリス300

No.2 薬院オーガニックのプロポリス

No.3 プロポリスプロ

プロポリスと腎臓の関係性

胸がドキドキする、息苦しい、胃が持たれるなど、不調のサインを出す臓器もありますが、腎臓や肝臓は「沈黙の臓器」といわれるように、自覚症状の現れない臓器です。
プロポリスは、そんな臓器にまで作用し、健康をサポートしてくれます。
今回は、腎臓について見てみましょう。

腎臓とは

腎臓は、左右の腰の辺りにあるこぶし大の臓器です。
必要な栄養素の再吸収、尿を生成し老廃物を排出、体内の水分の調整、電解質バランスの調整、骨髄での血液の生成、ビタミンDの活性化、ホルモンの生成など、健康にとって重要な働きをしています。
糸球体という毛細血管の集合体を通じて血液をろ過し、栄養素の再吸収と老廃物を尿中に排出しますので、高血圧や高血糖など状態が続くと、正常なろ過ができなくなります。
その状態がさらに長く続くと、糖尿病腎症、尿毒症、慢性腎不全に進行します。

血行を促進して腎臓の負担を減らす

プロポリスを継続的に摂取することで、抗酸化作用、血行促進、血流改善作用が脂質の酸化を抑制し、血中コレステロールの過酸化を抑えて血流を改善します。
糸球体を流れる血液の透過性を推進しますので、血液の停滞も抑制され、腎臓のろ過にかかる負担も軽減されます。
糖尿病や動脈硬化、心臓病の予防にも効果があります。

代謝を促進してして腎臓の負担を減らす

プロポリスに含まれるビタミンやミネラルなどもタンパク質や糖、脂質の代謝を促進しますので、肥満や高脂血症など、血流に障害を及ぼす可能性のある疾患の予防にも効果があります。
抗酸化作用や免疫力強化作用、血管強化作用などは、新陳代謝を促進し、細胞や組織を活性化し、身体を若々しく保つ働きがあります。
体内に取り込んだ栄養が正常に代謝されるようになれば、高血圧や高脂血症などの腎臓に負担をかける疾患の予防ができ、糖尿病や高血圧腎症、慢性腎不全などのリスクも減らすことができます。

プロポリスの優れた成分はすべての細胞や組織を活性化し、腎臓にかかる負担を軽減し、健康を維持してくれます。
しかし、生活習慣も多きく関わっていますので、その見直しも必要です。
塩分や脂肪の多い食事、暴飲暴食など肥満になりやすい食事は腎臓に負担をかけます。
規則正しい生活、栄養バランスの取れた食事などを心がけましょう。