厳選プロポリスアイテムLAB
メインイメージ

No.1 プロポリス300

No.2 薬院オーガニックのプロポリス

No.3 プロポリスプロ

高濃度のプロポリス

プロポリスを使用した製品はたくさんあります。
キャンディーのように数百円程度のものもあれば、サプリメントやスプレーなど数千円のものがあります。
中には、数万円の高額な製品もあります。
何が違うのでしょうか。
それは、プロポリスの濃度です。
濃度が高いものほど高額になっています。
では、高濃度のプロポリスとはどのようなものでしょうか。

高濃度のプロポリスとは

最も濃度の高いのは生プロポリスです。
巣箱から採取したプロポリスの原塊をアルコールなどの溶媒を使ってエキスを抽出するのではなく、ミツバチが樹液からプロポリスを作る際に分泌する酵素と同じものを使用して溶かします。
余分なものを加えませんので、プロポリスの成分をほぼ100%利用することができます。
余分なものを一切加えませんので、自然で安全な製品といえます。

高濃度プロポリスのメリット

プロポリスの成分を100%活用

アルコールなどの溶媒を使った抽出という製造方法では、ろ過の工程もあり、プロポリスの成分を100%活かすことはできません。
どうしても失われる成分があります。
しかし、天然の酵素を使って溶かす製造方法では、余分なものを加えたり減らしたりすることがありませんので、ほぼ100%の成分が活用できます。
その上、天然の酵素まで取り込むことができます。

添加物一切不使用

添加物を一切使用しませんので、安全性も高いものです。
アルコールなどの抽出方法で作られたプロポリスは、子供やアルコールの苦手な方、肝臓病などのある方などには不向きですが、天然の素材そのままのプロポリスは、すべての方が利用できます。

高濃度プロポリスのデメリット

匂いや味が気になる

高濃度のプロポリスは、成分がほぼ100%そのままの状態ですから、プロポリス本来の味や香りを強く感じます。
ヤニのにおい、刺激的な辛さ・苦さがあります。
決しておいしいものではありませんので、摂取することが難しい方もあります。

価格が高い

プロポリスは、ハチミツのように大量に採れるものではありません。
わずかしか採れない貴重なものです。
濃度が高くなればなるほど価格も高くなります。
継続的に摂取することが健康のためには必要ですが、高濃度のプロポリスは、経済的に難しいものです。
メーカーでも、味覚的に、経済的に飲みやすくするか、濃度を優先するか、意見の分かれるところです。